【隠れ貧血】6ヶ月以上寝たきり原因不明だった私が、復活した軌跡(途中経過)

2021年6月21日

出典:https://pixabay.com/ja/

 

どうも♪たむ(@tam_tamco25)です^^

 

あなたの周りには、「疲れが取れない」「身体がしんどい」と口癖の女性はいますか?

ネガティブで、なにもやる気が起きなくて、苦しんでいる女性はいますか?

 

当ブログでは、私自身が体験して発見した『隠れ貧血』のエピソードと根拠がたくさん詰め込まれています。

 

私は6ヶ月ほど寝込んで、原因不明である状態がありましたが、

隠れ貧血と上手に過ごすことができてからは、元気で・ポジティブで・仕事をしながら自分のやりたいことに本気で取り組む日々を過ごしています!

 

 

「そんな私が、どういった経緯を踏んで貧血から回復して行ったのか?」をざっくりまとめてみたいと思います。

お薬の力だけではなく、自分の力も試した回復劇です。

悩んでいる女子自身が、近くに悩んでいる女子がいる方が、一歩踏み出すきっかけになったら嬉しいな♪と思っています!

 

私の『隠れ貧血』の様子や症状についてまとめている記事はこちらです。


隠れ貧血から復活までの軌跡

出典:https://pixabay.com/ja/

 

私は、隠れ貧血から元気になるまでに「6ヶ月」かかりました。

「その6ヶ月間で、どのように回復していったのか?」の流れを最初にご紹介します!

 

体調がどん底の時に、私が感じていた症状はこちらにまとめています▼

 

2018年9月

私は半年以上「原因不明」と言われ続けた体調不良の原因を、理解してくれる医師と出会いました♪

しっかり貧血の治療を開始してから、私の身体的・メンタル的にぐんぐんと回復していきました!

「長期間の鉄剤の服用が必須である!」という正しい治療についても知りました。

>>貧血の治療を中断するとどうなるか?|すぐに治るはずない理由

 

2018年12月

3ヶ月間、鉄剤を朝晩1錠ずつ + シナールというビタミン剤を朝晩1錠ずつ + ピルを続けました。

 

日常生活を普通に送れるようになってきて、PCを1日中カタカタするまでに成長しブログ活動を開始しました!

そして、同じように悩む方との出会いや、当ブログの記事を読んでくれる方々との出会いがありました。

同じ想いを抱く方に出会うことが、涙が出るくらい嬉しかったです^^

 

 

寝たきりの状態から日常生活を問題なく送れるようになったのは、「鉄剤の力」だと思っています。

 

『ここまで苦しんだから、なんならガラッと人生を変えたい!』

それだけではダメであると私は思いました。。

 

その想いから、少しの希望に向かって、自分発見のためのアクションをいくつか起こしました!

(※後半にまとめて記載します!!)

 

その数々のアクションも加えた結果、私の概念がガラッと変わりました。

自分の身体じゃなく、頭の中が変わったきっかけでした。

私を復活させた「アクション」

出典:https://pixabay.com/ja/

 

今の私は、まだ階段を登っている途中なので今後どうなるかわかりませんが、ここまで元気にアクティブになれているのは5つの「アクション」のおかげであると思っています。

 

①「自分を変える方法」を知る!

私はまず最初に、「自分を変えるためにはなにをすれば良いのか?」を記事を書きながら探して勉強しました。

論文や記事などを元にして、さまざまな方法の中から、

『チャレンジしよう!』と決意をして、実際にトライしていきました!

 

②トラウマは悪いことばかりではない!

チャレンジしていく中で、1つ大きく不安だったのが「トラウマ」の気持ちです。

「原因不明」「精神系の疾患である」という医師の診断を、「隠れ貧血」で全てひっくり返すというのは、想像以上に心に傷を伴うものでした。

たくさん、否定も受け止めて元気に回復したのが、私の例です。

 

そんな『自分のトラウマ的体験をどう受け止めたらいいか?』を考えた時に、出会ったのが「PTG(心的外傷後成長)」の情報です。

トラウマを体験するからこその強さがある! というのは、とても背中を押される情報でした。

 

③私は身体が弱いのではなく、ちょっと注意が必要なだけ。

貧血と上手に付き合っていくために、「お腹の調子を整える」ことも大事なことです。

私は、小さい頃からお腹が弱かったり風邪をひきやすいタイプでしたが、そこにもきちんと原因がありました。

 

実は、乳糖不耐で、乳糖でお腹を壊すタイプの人でした。

食事に気をつけることで、鉄剤を飲んでも残っていた腹痛嘔気が嘘のように消失しました!

 

④私はポジティブになれる!

ネガティブだと思っていた私は偽りの姿だった!|隠れ貧血とDNA検査結果<報告>

最後のダメ押しと、強く背中を押してくれた「アクション」は、「遺伝子検査」です。

私はそもそも「ネガティブ」な人間なんだと思って生きてきたのですが、遺伝子的には「ポジティブ」な人間との結果でした。

環境を整えることができれば、私は「ポジティブ」に過ごしていける自信になりました!

 

⑤自分のやりたいことはなんだ?

チャレンジに挑んでいる最中に、今の旦那の東京転勤が決まりました。

本当に何が起きるかわからないですね。

 

『ブログも続けながら、私がしたいことをできる、私のペースでできる仕事はないだろうか?』

仕事ができる状況でもなかったのでお休みしていたのですが、どうにか自立していきたいと思いました。

 

看護師は、病院にいることが多いですが、それ以外にもいろいろなお仕事があります。

別にお家にいる看護師がいてもいいではないか!

ということで、私はたとえ体調が壊れたとしても、頭が動いてPCが使えれば仕事ができる、看護師・保健師の資格を生かした仕事をさせていただいています♪

 

結果的に、私は思うように自由で、したいことが行える環境で、楽しく元気に過ごすことができています♪

まとめ

私が隠れ貧血から復活するためには、「鉄剤」などのお薬の力 自分に課した5つのアクション があります。

ネガティブで落ち込みがちであったからこそ、身体が元気になるだけでなく、プラスで心も元気にしていくことが回復の相乗効果になったと振り返っています。

 

 

ポイント

・身体の元気を感じ始めたのは、鉄剤服用から「3ヶ月経過」した頃から。

・鉄剤の力で、寝たきりの状態から日常生活を問題なく送れるようになった!

プラスのアクションとして、

・「自分を変えるためにはなにをすれば良いのか?」を探して、

・トラウマを体験するからこその強さがある!ことを知り、

・貧血と上手に付き合っていくために必須の「お腹の調子」は乳糖がポイントだった!

・そもそも「ネガティブ」だと思って生きてきたのに、遺伝子的には「ポジティブ」な人間だった。

・そして、自分がやりたいことを極めていく道を選択しました。

 

私が行ったことが「正解」とは言い切れないですし、人それぞれ「正解」は違うと思います。

なので、この記事が1つのちょっとした参考になることができたら、嬉しい限りです♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2021年6月21日

Posted by donaldotamco