【貧血メカニズム】鉄補充より鉄再生が大事!?

出典:https://pixabay.com/ja/

 

どうも♪たむ(@tam_tamco25)です^^

 

貧血っぽい時に、対策としてはなにをしますか?

鉄分の多い食べものを食べますか?

鉄剤やサプリを飲みますか?

 

これらは、身体に関わる鉄分の中で、ほんの少しの影響力しかないということを、知っていますか?

 

貧血対策の常識として鉄補充(鉄分を取ること)がありますが、もう一つ鉄分を補給する方法があります。

それが、鉄再生です。

 

今回は、常識となっている貧血対策「鉄分を取る!」よりも重要な「鉄再生」についてご紹介します^^

私自身の反省点と、「鉄再生」のために取り組んでいることも書いていきますので、最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

 

普通の血液検査ではわからない貧血「隠れ貧血」に関して詳しく知りたい方はこちら♪

鉄分の仕事内容についてはこちら♪




鉄再生ってどういうこと?

出典:https://pixabay.com/ja/

 

『鉄分を食事で積極的に取ろう!』

貧血の対策として、誰もが思うことですよね^^

 

では、積極的に取ろうとしている鉄は、身体の中で使われる鉄のうち、◯%分だと思うますか??

普通に考えて、車のガゾリンのように、入れた分が100%使われるというのが当たり前のように思いますが、、、、

 

実は、1%もないんです!

体質などによって異なりますが、0.0005%なんていう割合になります!

 

「その分を鉄分を摂取して補充しよう!」としているんです!

予想以上に少なくないですか?

『鉄分を摂取してなんの意味があるんだ!?』と疑ってしまいますよね。

 

こちらをご覧ください。

体内で利用される鉄のほとんどは,老廃化しマクロファージで処理された赤血球由来の再利用鉄であり,少量の鉄が食事から供給される.十二指腸,上部空腸から吸収された鉄あるいはマクロファージ由来の鉄はトランスフェリンによって骨髄へと運搬され,ヘモグロビン 合成に用いられる.ほとんどの鉄がin-outで日々入れ替わるわけではなく,処理された赤血球由来の鉄は排泄されずに再利用されることを意味している.
引用:貧血ー日本内科学会雑誌、2015(https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/104/7/104_1383/_pdf)

身体の中の鉄分の70%は、赤血球の中にあります。

赤血球には寿命があるので、古くなると壊れてしまいます。

 

赤血球が壊れた時に出た鉄分はほぼ回収されてリサイクルされます。

すごいエコで、身体の中でループして使われているのが、鉄分なんです!

 

鉄が身体から失われるのは、基本的に爪切りや皮膚のあか、抜け毛程度のものです。(+αの生理が凄まじいですが。。)

 

なので、自分自身で「鉄増やしたいっ!」と思った時、

そもそも鉄のほとんどは身体の中で勝手にリサイクルされているので、

自分でなんとかしようとしても、瞬時に鉄分が満タンになることがありません!

 

「発熱した時や、お腹が痛くなった時に、薬飲んで寝たら翌日治る。」みたいな話ではないということであり、

「1日休暇をもらったので、よくなりました。」なんてことはないということです。

 

ここまで鉄再生のことを聞いて、どう思ったでしょうか?

「じゃあ、鉄剤飲んでも意味ないじゃん。」「自分でできることがないじゃん。」と、私は最初知った時そう思いました。

 

そんなことはありません!

次にその理由をお伝えします^^

「鉄補充」と「鉄再生」どっちが大事!?

典:https://pixabay.com/ja/

 

「鉄分を摂取すること」と「身体の中でリサイクルされる鉄分」

「鉄補充」再生」

どっちの方が大事だと思いますか?

 

結論から言うと、どっちも大事ですっ!!

鉄のほとんどがリサイクリングで利用されているから,食事からの鉄が重要ではないかというと,決してそのようなことはない.微量ながらも,毎日鉄が喪失されることを考えると,鉄のプールを維持するためには一定の鉄の補給が必要である.
引用:貧血ー日本内科学会雑誌、2015(https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/104/7/104_1383/_pdf)

「月経や胃腸での出血」「成長期の子ども」は、より鉄が失われてしまうので、より鉄補充がより必要になります。

毎日毎日少しづつでも鉄補充が行われないと、だんだんと鉄補充が間に合わないことが積み重なって、貧血となってしまします。

 

身体の鉄分の70%は赤血球にあります。

残りの30%は、皮膚や白血球、神経伝達物質の重要人として働きます。

鉄分のストックがなくなると、最初に犠牲になるのは、30%の部分です。

 

コツコツ長期的に鉄を補充し続けることで貧血は予防できます。

貧血になったとしてもコツコツ補充しなければ、鉄を増やすことはできません。

 

ここで私が注目したいのは、『貧血の治療は鉄剤の服用だけではない!』ということです!

 

貧血にもいろんな種類があるので、ここでは鉄欠乏性貧血に焦点を当てますが、鉄を体内に吸収するのは、腸です!(リサイクル分も、補充分も。)

腸が弱ければうまく吸収できないです。

腸内環境を整えたり、腸が鉄分を吸収しやすいように食べ合わせに注意することが大事です。

 

鉄分を1番失う原因は出血です!

月経出血が多い場合、胃腸に出血がある場合、鉄補充だけでなく、ピルや胃腸の治療をすることが大事です。

 

このように、鉄再生のことも考えると、できることが増えます!

この点を解決できなければ、貧血の治療は困難になると思います。。。

まとめ

ここまで、「鉄再生」と「鉄補充」についてご紹介してきました。

 

・日々取り組んでいる「鉄補充」は、全体の1%未満しか影響力がない。

・ほとんどの鉄分は、身体の中でリサイクルされて「鉄再生」されている。

・日々コツコツ行うことが貧血対策で大切なポイント!

・「鉄補充」以外の対策として、「腸内環境を整える」「食べ合わせに気をつける」などの対策がある!

このようなことをこの記事ではお伝えしたいです^^

 

私は、隠れ貧血と同時に、「月経困難」「過敏性腸症候群(乳糖を腸が処理できていなかった)」と言う症状が、一緒になってやってきました。

出血も多いし、腸も鉄分を吸収する気がない。。

 

ダブルパンチ喰らいながらの隠れ貧血でした。

これは辛すぎるので、読んでいただけた方にはどうしても回避してほしいです!

 

鉄剤飲んで安心するだけではなく、『胃腸はベストコンデジションか?』『出血はないか?』を意識する事で、さらに貧血の症状はよくなります^^

 

貧血に対して、『自分が自分のために行えることがない。。』と考えていた私ですが、元気になってきて、探究心や意欲が出てきた今、『案外やれることも多いみたいだ♪』と思えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^




Posted by donaldotamco